不動産の申込金は約100万円

不動産取得には、土地売り主のとの契約書と共に、申込金の支払いが必要となりますが、その金額は、売り主と取得希望者と話し合いで決まります。一般的には、取得代金が1500万円から3000万円の場合、100万円程度に収まっているようです。ただし話し合いで、高くなる場合もあり、先入観を持つのは避けた方がいいでしょう。これを自分の預貯金で支払うか銀行などの住宅ローンに組み込むかは、不動産取得希望者の判断に任されますが、銀行などはこのシステムを熟知しており、住宅ローンを組むことが決定してしていれば、借り入れも決まっていますので、安心です。

土地取引における申込金

不動産取引の内で土地については、次のような段取で行われます。まずは土地購入希望者が、物件のこまめな情報収集を行います。それには、現地視察も含まれます。この調査の他に、近隣の工務店や建築事務所への意見依頼も行われるといいでしょう。もちろん情報依頼したからといって、建築を依頼する必要はありません。そこで購入する土地が決まりましたら、仲介者を選びます。これは、建築依頼者に行ってももらいのがいいと思います。そうして実際の不動産取引に移りますが、ここで必要となね経費は、土地代金の中に含まれる申込金です。これは土地契約の前金性格を持ち、土地取得経費に含まれます。